なぜ結婚指輪はプラチナとゴールドが多いの?その本当の理由3つ!

 

なぜ結婚指輪はプラチナとゴールドが多いの?その本当の理由は3つ!

 
結婚指輪の購入を考え初めてスマホで検索を
かけてみましたが、プラチナがほとんで、た
まにゴールドや女性リングでピンクゴールド
を見かけます。
 
 
実際にデパートの一階にあるようなジュエリ
ーショップに行っても、結婚指輪のコーナー
で見かけるのは、やはりプラチナか18金ゴー
ルドです。
 
 
その理由として、
 
プラチナは最も希少価値が高く、プレミアム
な金属だから?
 
 18金がプレミアムな金属で、その他は言わば安物の金属だから?
 
 
ただ、結婚指輪にプラチナやゴールドが使われている理由としては別にあります。
 
 
 
このプログは、宝石の権威、米国宝石学協会・GIAの宝石鑑定士であり、また17年以上にわたり、5000組を超えるカップルに結婚指輪を届けてきた、オーダーメイドのエキスパートであるクラフトデザイナーが執筆しています。
 
 
 

_____________________

GIA・米国宝石学協会 宝石鑑定ディプロマ
 __________________
 GIA・米国宝石学協会  宝石鑑定ディプロマ
 
 
 
ここでは、結婚指輪にプラチナとゴールドが多く使われる実際の理由を伝えています。
 
 
これから結婚指輪の購入を考えているのであれば、どの金属素材にするか決める時の参考にしてみて下さい。
 
 

 

 

1.プラチナと18金はサイズ直しに適している

プラチナと18金はサイズ直しに適している

 

 
ネックレスやイヤリング等、他のジュエリー
と結婚指輪の違いは、指のサイズの変化に伴
って、リングサイズを変える必要があると言
うことです。
 
 
サイズを変えるには、リングを切断し、また
火器を使い溶接して繋ぎ合わせるという行為
が必要です。
 
 
金属の中にはこういった加工が出来ないもの
があります。
 
 
 

チタン製の指輪はサイズ直しは出来ません 

チタン製の指輪はサイズ直しは出来ません
 
 
 
チタンは、アレルギーフリーの金属として、医療用器具に使われている、画期的な金属と言えます。
 
 
また、硬度も高く軽い特性を活かして、航空機などにも使われています。
 
 
ただその耐久性の高さから、リングのサイズを修正したり、修理をする事が難しい金属と言えます。
 
 
 

ステンレス製もサイズ直しは出来ません

 

ステンレス製もサイズ直しは出来ません

 
ステンレス製のリングもまた、その耐性の高さ故に、リングとしてサイズ修正や修理が出来ない金属です。
 
 
 
 
その他同族の金属の指輪もサイズ直しは不可
能です。
 
 
理由としては、これらの金属は非常に硬く粘
性が低い為に、ある一部分を切断して再び繋
ぎ合わせる加工が出来ない為です。
 
 
また、18金でもピンクゴールドのように銅を
含んだ金属も、非常に粘性が低い為に、サイ
ズ直しが行い難いと考えられています。
 
 
それに比べてプラチナと18金イエローゴール
ドは、粘性が高く、柔軟性に富んでいるの
で、サイズ直し加工がしやすい金属です。

 

 

 

2.プラチナと18金は品質保存に適している

プラチナと18金は品質保存に適している

 

 
18金ゴールドやプラチナは、腐食に強く、硬
度も高いのでキズも入りにくい金属です。
 
 
したがって日常いつも付けるジュエリーとし
ては最も適した金属と言えます。
 
 
例えばバッグを持った時でも、すに曲がっ
たり欠けたりする事はありません。
 
またある程度の酸やアルカリ性にも耐性があ
り、温泉に指輪を付けたまま入っても、腐食
することはありません。
 
 
 
対象的にシルバーの指輪はプラチナやゴール
ドに比べて耐性は劣ります。
 

 

対象的にシルバーの指輪はプラチナやゴール  ドに比べて耐性は劣ります。

 

 

シルバーリングが結婚指輪として最も不都合
な部分は、置いておくだけで表面が茶色くな
ってしまい、輝きがなくなってしまうことで
す。
 
 
これを硫化反応といい、使ってないのに、ま
たキズが入ったわけでもないのに、輝きが失
れていってしまうシルバーは、品質を保つ
ことが難しい金属ということが言えます。

 

 

 

3.プラチナと18金は多彩にデザインしやすい

プラチナと18金は多彩にデザインしやすい
 
 
プラチナや18金ゴールドの、柔軟性に富んで
いて、尚且つキズには強いという性質は、色々なデザインに金属を変化させていく為の
加工のし易さに反映されます。
 
 
 
Sラインやウェーブラインに曲げたり、また溶かした金属を欲しいデザインに凝固させたりと、多彩に形を変える事が出来ると言う点
でも、他の金属を圧倒しています。
 
 
もう一つデザインする上で大切な「 削る 」という加工が出来るためには、柔らか過ぎても硬過ぎてもダメなのです。
 
そのバランスの良さが、プラチナとゴールド
の最大の強みと言えます。
 
 
 
 
 

4.プラチナの結婚指輪を購入するなら今です!

今、金属業界そしてジュエリー業界で20年に
一度の事態が起きています。
それはプラチナ価格の暴落です。
これは何を意味するのか、
 
プラチナ製品の価格が異常に安くなっている
のです。
正確にいうと、今は結婚指輪をプラチナでオーダーする人はとても安く作る事が出来るのです。

■ 2020年3月20日のPt価格は空前絶後の¥2600/g

3月20日のPt価格は空前絶後の¥2600/g

 プラチナ価格の推移 2020年 田中貴金属資料より

2020年2月20日にグラム単価、4011円をつけたのをにして、本格的にコロナ問題が顕在化してら下がり始め、同年3月10日からの米株価の暴落にいて、日経平均株価も暴落。
それによって、プラチナへの投資家たちが一斉に投げ売った結果、
プラチナは、2020年3月20日に ¥2600 /g
   
 をつけました。
 
プラチナは、2020年初めから今年にかけて ¥4000/g以下にて、低めの価格で推移していた上での、今回の新型コロナの影響にて、一気に価格相場が落ちた結果でした。
プラチナ価格 ¥ 2600 /g  は過去15年で最安値
でした。
その後、プラチナ相場は戻していまが、新型コロナが終息し、ロシア侵攻が終わらなければ、プラチ価格は以前の水準までは戻らない、というのが大方の見方です。

Pt1000の結婚指輪を低価格でオーダー

 

Pt1000の結婚指輪を低価格でオーダー
 
今最も低価格でオーダー出来るのが、純プラ
チナのPt1000 結婚指輪です。
 
普通の状況、つまりプラチナがゴールドや他
の金属よりも高価である場合には、プラチナ
の中でも最も純度の高いPt1000が一番高価で
した。
ただ、今はプラチナの純度が高ければ高いほ
どグラム単価が安いという逆転現象が起きて
います。
例えば Pt900 よりも Pt950が安く、それよりもPt1000 がより安いのは、Pt 900には10%、
Pt 950には5%の他の金属が含まれており、そ
れらの金属がプラチナより高い為に、この様
な現象になっています。
個々のリングの価格についてはデザインによ
って全く違ってきますが、同じPt 1000の結婚指輪であれば、30%位安く購入できます。
ただし安く買えるのは、今の地金相場で作る
ことの出来るオーダーメイドの店に限られて
きます。
商品を何ヶ月も前に作って、在庫として置い
ている既製品の店舗では、既に定価が決まっ
いるので、特にプレミアムな位置付けの
Pt 1000 純プラチナの結婚指輪を安く販売す
ることは出来ないのです。
新型コロナによる被害が経済的にだけでな
く、人的被害も大きくなる今、販売促進につ
なげる様な情報を伝えるのは不謹慎と言う意
見もあるかもしれません。
ただ、一方でプラチナの結指輪を、抑えた
格で購入したいと考えている多くのカップ
ルがいることも事実です。
 

5.ゴールドを売るなら今が最高の時!

ゴールドを売るなら今が最高の時!

プラチナ価格の下落の反対に、ゴールドの価格が非常に上がっています。

 

2022年 6月25日現在にて、8.713円/gです。

2020年 8月の6.600円/gから既に32%以上上がっている計算になり、この3年間での上昇率は5割近いのす。
ジュエリー業界の人間は、結婚指輪を購入す
るに当たって、手持ちの金製品を売って、プ
ラチナの指輪を、それも純度の高いPt 950
や、Pt 1000をオーダーしています。
それが最も賢明な購入の仕方だからです。
 
 
 
 

■ ゴールドの価格の変遷

 
金価格の過去最高価格としては、1980年1月
に記録された6,945円/1gです。

1980年代というのは、世界情勢が不安定な
期で、情勢が不透明になると、金を購入する
方が増え価格が上昇しました。

1980年代は、アメリカと旧ソ連との対立が深
刻化していた時期であり、1979年は、第2次
石油危機、アメリカ大使館占拠事件、旧ソ
連のアフガニスタン侵攻などの重大事件が起
こっています。
 
これら一連の事件が金の相場にも大きな影響
をもたらし、史上最高の高値をつけたので
す。
 
しかし、この史上最高価格をつけた4か月後には3,645円となり、なんと3,000円以上の歴史下落を記録したのです。

 
きっかけは、米と旧ソ連とのこれまでの対立
状態が緩和されたことで、ドルに対する信頼
が戻り、今度は金ではなくドルが大量に買わ
れ、金価格は急激に下落したのです。

 
この下落は当初、一時的なものと考えられて
いましたが、結果的には実に20年以上下落の
一途をたどります。
そして、1998年には865円という史上最低価格を記録しました。
 
さて今現在は、新型コロナ感染症の影響で、
世界中が経験した事のない情勢不安に陥って
います。
また、ロシアの侵攻による戦争の影響で、多くの貴金属を産出するロシアの物資が、国際流通に乗らなくなってしまいました。
 
 
その影響で、投資マネーが金に集中しています。
 
 
有史依頼、情勢不安になった場合には、金が買われると言われており、逆にこれほど金にお金が集まっていることが、世界の人々が今の現状に不安を抱いている証拠と言えます。
 
金が顕著に上昇を始めたのは、2018年の後半
からで、8月の時点で4640円/gだったものが、2019年初めには 5000円/g に上がっていました。
その後上昇トレンドに乗って、2022年6月25
 日現在にて、8.716円/gにまで達しています。
つまり、3年足らずで70%も上昇しており、その間に、10万円の18金の製品が17万円近くになっている計算になるのです。
 
 
使わなくなったアクセサリーや、サイズが合
わなくなったリングで金製品があったら、一
度金の査定をしてくれるお店や、ジュエリー
買取のお店に聞きに行ってみてはいかがでし
ょうか。
考えていた以上の高値で売れる可能性があり
ます。

■ ゴールドを売ってプラチナの結婚指輪を購入するなら今

 

ゴールドを売ってプラチナの結婚指輪を購入するなら今 

 

一方、プラチナの価格は下がっています。

2019年の1年間を通して低い価格推移から少しずつ値を戻し、2020年の1月には4000円/gに回復しました。
ただご存知の様に、コロナ感染者が増え出す
と共に下降し始め、2020年3月の暴落へとつながって行きました。
当時まずアメリカ株式市場が暴落し、プラチ
ナは一時2700円/gとなりました。
 
市場はパニック状態になり、プラチナは一時
的に取引停止になった事を記憶しています。
ゴールドが最高値の状況下で、プラチナが最
安値と言う数十年に一度しか起こらない事が、この頃より始まったのです。
 
 
つまり、不要になったお持ちのゴールドを高
く売って、必要なプラチナの結婚指輪を抑え
た価格で購入するのです。
こういった売り買いのタイミングとは、あくまで利益を考えた時の行動であり、お持ちのジュエリーや指輪が掛け替えの無いものであれば、当然こういった情報は意味の無いものです。
 
 
 
いかがでしたでしょうか。
 
 
金とプラチナのジュエリーとしての利点は、素材そのものの価値と、加工のしやすさ、そして耐久性の高さ、にあると言えます。
 
 
その結果、金属価格の変化により、売却益が得られる事もあると言えます。
 
 
ただ、結婚指輪はとして、このゴールドとプラチナを考えた場合には、あくまでも実用性てファッション性から決定されるべきです。
 
 
もし、プラチナやゴールドで結婚指輪をの購入を考えているのであれば、一度オーダーメイドのお店に質問して見てはいかがでしょうか。
 
 
新たな選択肢が生まれるかもしれません。
 
 
 
筆者 
ヨーアンドマーレ代表
GIA・GG  米国宝石学協会 鑑定士 島田 洋輔