【GIA宝石鑑定士が完全解説】ダイヤモンドの理想の選び方5選!

 
【GIA宝石鑑定士が完全解説】ダイヤモンドの理想の選び方5選!
 
婚約指輪の購入を考えてジュエリーショッ
に来店したあなたは、同時にダイヤモン
一緒に選ばなければならない事を知ります。
 
 
ただ生まれて初めての経験です。
 
店員の言う事を全て鵜呑みににして、勧めら
れるがままのダイヤを購入していいものだろ
うか、高いものを売りつけられてはいないだ
ろうか等、当然疑問でいっぱいですよね。
 
 
  
このプログは、宝石の権威、米国宝石学協会・GIAの宝石鑑定士であり、ダイヤモンドのエキスパートバイヤーが、7色のカラーダイヤモンドとは、そしてそれを使った結婚指輪のデザインについて伝えています。
 
 
 

_____________________

GIA・米国宝石学協会 宝石鑑定ディプロマ
 __________________
 GIA・米国宝石学協会  宝石鑑定ディプロマ
 
 
 
 
ダイヤモンドの賢い購入の仕方は、価格とダ
イヤモンドの4つの品質 4C のベストな組み合わせの商品を見つけることです。
 
4Cとは
      •  大きさ              Carat
      •  色                     Color
      •  キズや内包物   Clarity
      •  カット              Cut
 
 
表しており、ダイヤモンドの品質と価格を
決定するグレーディングシステムで、米国宝
石学協会(GIA)より考えられました。
 
 

ダイヤモンドの4Cは米国宝石学協会(GIA)により考えられました。

 
  
ダイヤモンドの婚約指輪を購入する場合に、
自分の予算内で最もキレイに見えるグレード
の組み合わせを決める為に使います。
 
 
この知識はダイヤモンドを少しでも価格を抑
えて購入する際に必ず役に立ちます。
 
 
是非参考にしてみて下さい。
 
 
 
 
 

  1.婚約指輪デザイナーが教えるダイヤモンドの選び方

婚約指輪デザイナーが教えるダイヤモンドの選び方 
 
 
ダイヤモンドを選ぶ場合、そのダイヤモンド
の4つの品質の中から、輝きに影響を与える
順に優先順位をつけて決めていきます。
 
また価格も、それらの各品質の上げ下げによ
って充分調整することができるので、ここ
はその方法をお伝えいたします。
 
 

1-1.最初に決めるのはカラット!価格が一段上がるカラットの下を購入する

最初に決めるのはカラット!これは大きさではなく重さ 
 
カラットは、ダイヤモンドの実際の重量の測
値を指します。
 
GIAによると、1カラットは0.2グラムに換算され、これはペーパークリップと同じ位の重量です。
 
当然、カラットが大きいほどダイヤモンドは
高価になり、その割合は指数関数的に上がっ
ていきます。
 
 
例えば、同じ品質のダイヤモンドで大きさだけを比べてみた場合
 
_______________________________________________
 
 
  •  0.25カラット     ¥ 130.000 
      •  0.3カラット       ¥ 180.000
      •  0.5カラット       ¥ 480.000
      •  1.0カラット       ¥ 1.550.000
      •  2.0カラット       ¥ 4.200.000
 
 ______________________________________________
 
 
という価格の上昇になり、カラットが2倍になった場合、価格は3倍になっています。
 
これはサイズの大きなダイヤモンドの希少価
値から来ており、例えば1.0カラットのダイヤの原石が採掘される割合は、0.5カラットの100分の1以下です。
 
 
もう一点カラットと価格の関係で重要な部分
があります。
 
それは、価格が一気に上がるカラット重量の
ラインがあるのです。
 
例えば他の品質が同じダイヤモンドのカラッ
トと価格を比べてみた場合、下記を見て気づ
く事があります。
 
 _______________________________________________
 
 
      •  0.25カラット     ¥ 130.000 
      •  0.27カラット     ¥ 142.000
      •  0.29カラット     ¥ 154.000
      •  0.3カラット       ¥ 180.000
      •  0.39カラット     ¥ 235.000
      •  0.4カラット       ¥ 310.000
 
 ______________________________________________
 
 
0.25カラットと0.27カラットの価格差は比例
数の差にて ¥12.000 ですが、  0.29カラットと0.3カラットの価格差は ¥26.000 です。

 

また、0.39カラットと0.4カラットの価格差に
至っては、 ¥75.000 にのぼります。

 

これは、0.3カラットや0.4カラットが希少価値が一気にあがる為に、価格も一段上がるラインだという事を示しています。
 
 

■ 購入のポイント

 価格が一段上がるカラットのギリギリを狙う

 
この価格が一段上がるカラットを逆に利用し
て、ギリギリそのカラットを切るサイズを購
入すれば、ほぼ同じ大きさで同品質のダイヤ
モンドを安く購入する事ができます。
 
つまり、0.295カラットのダイヤと0.3カラッ
トのダイヤの大きさはほとんど同じですが、
上記の0.295カラットは ¥157.000、一方0.3カラットのダイヤは ¥180.000と、ほぼ同じダイヤモンドが、¥23.000も安く購入出来ることになります。
 
この価格が一段上がるカラットは決まってい
ます。
 
_______________________________________________
 
 
   •  0.25カラット   →   0.24カラットを探す
   •  0.30カラット   →   0.29カラットを探す
   •  0.40カラット   →   0.39カラットを探す
   •  0.50カラット   →   0.49カラットを探す
   •  0.70カラット   →   0.69カラットを探す
    _______________________________________________
 
 
以上左が価格が上がるカラットにて、右が狙
うべきダイヤモンドのサイズです。
 
ダイヤモンドをリーズナブルに購入する裏ワ
ザです。
 
是非覚えておいて下さい
 
 
 
 

1-2. 光るダイヤモンドはカットで決まる!

光るダイヤモンドはカットで決まる! 
  
カットは自然の影響を受けない唯一のグレー
にて、ダイヤモンドの購入時に考えるべき
を4Cの中で最も重要です。
 
 
このカットグレードは、丸いラウンドブリリ
アントカットのダイヤモンドのみに与えられ
る品質要素で、カット面の品質およびプロポ
ーション、研磨の程度を示します。
 
これは、ダイヤモンドが光と相互作用して反
射し、その輝きにダイレクトに影響するた
め、光るダイヤかどうかはカットで決まりま
す。
 
GIAシステムによると、ダイヤモンドカット
は、エクセレント、ベリーグッド、グッド、
フェア、およびプア として評価されます。
 
 
 
 
 
また、エクセレントカットの更に上に、最上
のカットグレード
 
    •  トリプルエクセレント
 
 
があり、カットに関しては完璧なレベルを示
すもので、異次元の輝きを与えます。
 トリプルエクセレントカットに関しては完璧なレベルを示すもので、異次元の輝きを与えます。
 
当然カット品質が上がって行くに従って、価
格も上がっていきますが、ダイヤモンドの輝
きに最も影響する品質要素なので、もし予算
が許されるのであれば、他の品質要素を抑え
ても、最高品質のトリプルエクセレントカッ
ト、もしくはエクセレントカットのダイヤモ
ンドを購入したいところです。
 
 
 

 ■ 購入のポイント

高いカット品質と抑えたカラット&クラリティ を組み合わせる

 
トリプルエクセレントやクセレントカット
を選ぶと価格が上がってくるので、その分ダ
イヤモンドの大きさを少し抑える ( 前節の価
格が上がるカラットラインより少し小さいサ
イズ等 )、そして輝きに最も影響が低いクラリティ品質 ( キズや内包物 ) を抑えたランクにして、価格を調整します。
 
光り輝く上質のカットのダイヤモンドを購入
するテクニックです。
 
 
 
 

 1-3.無色透明のDカラーはプレミアムカラー

 
白いダイヤは D, E, F カラー
 
  
ダイヤモンドの色はDからZにてグレーディン
グされ、Dカラーは完全に無色透明(そして
最も高価)を意味し、プレミアムカラーとし
てダイヤモンドの人気を支えています。
 
標準的なダイヤモンドのカラー品質はDカラーからJカラーに収まり、Fカラー以上は肉眼ではほとんど無色にて同じに見えるので、価格を抑える目的であれば、Dカラー以下でも問題はありません。
  
またダイヤモンドの形は、カラーグレードに
大き影響を与えます。
 
たとえば、ラウンドブリリアントやエメラル
ドカット、ローズカットは色を隠しカラーグ
レードが下であっても白く見えます。
 
左からローズカット、ラウンドブリリアントカット、   エメラルドカット左からローズカット、ラウンドブリリアントカット、エメラルドカット
 
 
 
反対に、楕円形のオーバルカットやマーキー
スカットのような長いダイアモンドシェイプ
では、色がはるに分かりやすくなります。
 
                       左からマーキースカット、オーバルカット
  左からマーキースカット、オーバルカット
 
                       
 
 
•  価格については、ワンランクカラーが上がると同時に約10%ずつ上がっていきますが、中でも EカラーからDカラーに上がる時だけは、約20%以上の上がり率になります。
 
これはDカラーのダイヤモンドの希少価値が、他のカラーに比べて非常に高い事を表しています。
 
 

  ■ 購入のポイント

可能な限りDまたはEカラーと高品質のカットを組み合わせる

 
ダイヤモンドの輝きに影響する優先順位とし
て、まずカット品質、次にカラー品質です。
この2つが高い品質のダイヤモンドは輝きを放ちます。
 
したがって、まずDカラーの価格を確認し
て、徐々にカラーグレードを下げて行きなが
ら予算に合わせていきます。
 
もしGカラーの品質でも予算に入らなけれ
ば、その時はサイズとカットグレードを下げ
て見て下さい。
 
 
  
 
 

1-4.クラリティ品質は VS2, SI1,がコスパの良さでオススメ

 クラリティ品質は VS2, SI1,がコスパの良さでオススメ
 
 
 
クラリティとは、ダイヤモンドの中に存在す
る内包物やキズなどの量や大きさを現しま
す。
  
GIAグレーディングでは、フローレス(FL)
を最上級として、以下のようにグレーディン
グされています。
 
 
 
 
  
  
ただし、光り輝くダイヤモンドの条件がトッ
クラリティである必要はありません。
 
ダイヤモンドの内包物は顕微鏡にて確認する
もので、肉眼ではほとんど見えないもので
す。
 
実際、SI1(わずかにキズが含まれている)透明度のダイヤモンドの見た目と、同じカラット、色、カットVVS1(非常にわずかに含れている)透明度の石の間には目に見える違いはありません。
 
私の意見では、ラウンドブリリアントのダイ
ヤの場合、透明度をVS1( 非常にわずかなキズ
含まれている )より高い品質のクラリティに
して価格を支払っても、それによる輝きへの
プラスの影響はほとんでありません。
 
したがってコスパの面から最もおすすめなク
ラリティ品質は、VS2、SI1 と言えます。
 

 

■ 購入のポイント

クラリティ品質をSI1まで価格を抑えてコスパを狙う

クラリティ品質は、他のカット品質やカラー
品質に比べて輝きに大きく影響は与えませ
んが、それに比べてトップクオリティの
VVS1とSI1との価格差は10〜30万円にの
ぼります。
 
 
したがって、カットとカラーを最上品質にし
て、クラリティをS I1まで抑えれば、見た目の輝きはトップクオリティのダイヤモンドが、リーズナブルに購入出来ます。
 
 
カット           :  トリプルエクセレントカット
カラー           :  Dカラー
クラリティ    :  SI1
 
 
この品質を組み合わせたダイヤモンドは、最
もコスパが良いと言えます。
 
 
覚えておいて下さい。
 
 
 
 

2.5番目のダイヤモンド品質、蛍光性を見逃すな!

 
5番目のダイヤモンド品質、蛍光性を見逃すな!
 
 
蛍光性のあるダイヤモンドは、直射日光や蛍
光灯などのUV光にさらされると、青白い光を
します。
 
この蛍光性が強くなると輝きにクリアさが無
くなり、幕が張ったようなぼやけた感じにな
ります。
 
蛍光性のグレードとしては、5つに分類されています。
 
 
  •  NONE( 無し )
  •  FAINT( 少し )
  •  MIDIUM BLUE( 中程度)
  •  STRONG BLUE ( 強い )
  •  VERY STRONG BLUE ( 非常に強い )
 
    
 
 
この蛍光性が少ない方が、品質評価の高いダ
イヤモンドと言う事になり、逆に蛍光性が強
いダイヤモンドの評価は下がります。
 
ただ、ダイヤモンドの評価の基本はその光の
輝きにありますが、この蛍光性が強いストロ
ングブルー以上でないかぎり、必ずしもその
輝きを弱めるものではありません。
 
蛍光性のない事を示すNONEであればもちろ
ん問題ありませんが、FAINTまたはMEDIUM
 BLUEであっても輝きを毀損していない場合が多いので、価格調整に利用して行きましょ
う。
 

■ 購入のポイント

ストロングブルー蛍光は避けて、その他の場合には価格交渉に利用する

 
輝く上質なダイヤモンドの購入するに際し
て、ストロングブルー以上の蛍光性を示すも
のは避けて下さい。
 
また、FAINTまたはMEDIUM BLUEの蛍光性がある場合には、担当者に価格を少し下げて欲しいと交渉してみて下さい。
 
 
蛍光性がマイナスとなることは担当者は分か
っているので、必ず交渉に応じて価格を下げ
てきます。
 
覚えておいて下さい。
 
 
 

まとめ

 
婚約指輪の上質なダイヤモンドを、価格を抑
て購入する賢い選び方は、上記 5つのグレードを抑えるところは抑え、最大限に見た目の良いダイヤモンドを探し出すことです。
 
 
 1. 婚約指輪デザイナーが教えるダイヤモンドの賢い選び方とは
  
1-1. 最初に決めるのはダイヤモンドのサイズであるカラットにて、中でも価格が一段上が
るカラットサイズがあるので、そのギリギリ下のサイズをリーズナブルな価格で購入する
 
 
 1-2. ダイヤモンドの輝きの良し悪しはカット
 の品質で決まるエクセレントカット等の高いカット品質と抑えたカラット&クラリティ を組み合わせて、輝く低コストのダイヤモンドを選ぶ

 

1-3. カラー品質はダイヤモンドの輝きに影響
する要素最上級の無色透明のDカラーか次のEカラーと高品質カットが備わったダイヤモ
ンドは素晴らしい輝きを放つ
           

1-4.クラリティ品質は VS2, SI1,がコスパの面からオススメSI1まで価格を抑えた分カットやカラーにコストをかけて、価格と品質のバランスが最もとれた選び方が理想

 

2. 5番目のダイヤモンド品質である蛍光性もしっかりと確認するのが肝要。

ストロングブルー蛍光は避けて、その他の場合には価格交渉に利用する

 
 
いかがでしたでしょうか。
 
これから婚約指輪としてダイヤモンドの購入
を考えている男性は、デザイナーがアドバイ
するこのダイヤモンドの理想の選び方を覚
えておいて下さい。
 
 
 
筆者 
ヨーアンドマーレ代表
GIA・GG  米国宝石学協会 鑑定士 島田 洋輔