希少な5つの宝石【誕生石】を結婚指輪にオーダーする【方法と価格を徹底解説】

 

 

 
ダイヤモンドよりも希少価値が高く、ジュエ
リーデザイナーの間で、伝説になっている宝
るのをご存知ですか?
 
それは、
 
■  アレキサンドライト
■  パライバ 
■  パパラチア
■  オレンジサファイア
■  ブラックオパール
 
 
 
これら5つの宝石は、鉱山が枯渇してきて新しい採掘が難しく、その希少価値が今後どんどん上がっていくと言われています。
 
そして、一度見たら忘れられない、魅惑の宝石で、宝石の専門家には非常に人気があります。
 
 
出来れば、この様な宝石を結婚指輪に入れてみたいと思いませんか。
 
これらの宝石が、あなたや相手の誕生石であれば、そこから得られるパワーは計り知れないものがあります。
 
 
 
このプログは、宝石の権威、米国宝石学協会・GIAの宝石鑑定士であり、17年以上にわたり結婚指輪、婚約指輪をオーダーメイドで届けてきた、宝石のエキスパートバイヤーが執筆しています。
 
 
 

_____________________

GIA・米国宝石学協会 宝石鑑定ディプロマ

 __________________
 GIA・米国宝石学協会  宝石鑑定ディプロマ
 
 
 

このブログでは、ダイヤモンドより希少価値の高い5つの宝石について、その魅力や価格について解説すると共に、どの様に結婚指輪にデザインすれば良いのか、その依頼方法などを、詳しく伝えています。

 
これから、結婚指輪の購入を考えていて、希少価値の高い宝石に興味があるのであれば、希望のリングを手に入れるための、多くの情報を与えてくれる事でしょう。
 
 
 
是非参考にしてみて下さい。
 
 
 
 

1. 魅惑の希少宝石・アレキサンドライトを結婚指輪に

アレキサンドライトを結婚指輪の内側に

 
アレキサンドライトは、その魅惑の美しさで、女性の間で最も人気の高い宝石の一つです。
 
 
高品質なものは、当然ダイヤモンドよりも希少価値も価格も高く、世界的に高値で取引されている宝石です。
  
 
その最大の魅力は、日光の白色光の下では青緑色に、ろうそくやランプのような、暖色光の下では紫赤色に変化するところです。
 
 
アレキサンドライトは、昼と夜で色が変わり、どちらの色も妖艶な中間色であるところが、古今東西を問わず人気がある理由であり、数多ある宝石の中でも、特別な存在の宝石なのです。
 
 
アレキサンドライトの主力鉱山があるブラジ
ルでは、そのほとんどの鉱山で、もはや大き
なアレキサンドライトは採掘されておらず、
2カラットを超えるアレキサンドライトは非常に稀です。
 
インドやスリランカでもアレキサンドライト
は採掘されていますが、品質の良いものは採
れていません。
 
 
その為アレキサンドライトは、1800年代に初めて採掘されてから現在に至るまで、常に需要に応えられないほどの人気と、その希少価値を維持し続けている宝石です。
 
またその価格は、今まなお指数関数的に上昇し続けています。
 
 アレキサンドライトの価格は、その希 少性から指数関数的に上昇し続けています。
 
 
アレキサンドライトは、古来より貴族や王族が愛した宝石です。
 
それは、身につけることで強いオーラを発す
事が出来る、類稀なるパワーストーンであ
ると信じられているからです。
 
 
事業を始めようと考えている人や、仕事の成
功を目指している人など、人生の変革時に
は、とても強いパワーをもたらすとされる、
このアレキサンドライトは、結婚指輪には理
的な宝石と言えるのです。
 
 
 
 

6月の誕生石・アレキサンドライトを結婚指輪にデザインする

 
結婚指輪の内側に6月の誕生石、アレキサンドライトを
 
 
アレキサンドライトは、6月の誕生石ですが、今までは結婚指輪に使われることはありませんでした。
 
 
 
6月の誕生石として、結婚指輪に最も使われて来たのがムーンストーンです。
 
ムーンストーンは、比較的安価で得やすい為、使い勝手のよい宝石です。
 
 
 
 
 
ただ、今年、2022年にアレキサンドライトを6月の誕生石として、日本宝石学会が正式に発表したのをきっかけに、注目される様になり、結婚指輪への需要が増えて来ました。
 
 
 
アレキサンドライトは、結婚指輪の内側に留めるような、小さなサイズのものでも、
 
 ¥ 15.000 前後
 
は考えておく必要があります。
 
 
アレキサンドライトは、小さなサイズでも高額になりますが、その希少価値もまたアレキサンドライトの魅力であり、その結婚指輪もまた、希少価値の高いペアリングになると考えてみてはどうでしょうか。
 
 
 

 アレキサンドライトのオーダー依頼をする

 
 
アレキサンドライトは、他の宝石に比べて、非常に希少価値の高い宝石であり、結婚指輪に誕生石として、安易にオーダー依頼することは出来ません。
 
したがってら結婚指輪の依頼をする段階で、そこに留めたいアレキサンドライトのサイズや、品質を担当者と話しあって決めていく必要があります。
 
担当者は、あなたの希望に沿って、アレキサンドライトを探して来ます。
 
リングの製作過程にて、一度そのアレキサンドライトを複数見せてもらい、その中から希望に近いものを選びます。
 
 
アレキサンドライトの価格と品質の比較をして、その中から希望のものを選ぶ
アレキサンドライトの価格と品質の比較をして、その中から希望のものを選ぶ
 
 
 
製作担当者は、選ばれたアレキサンドライトを製作工程の最後に、留めていく形になります。
 
アレキサンドライトは、その品質や価格にばらつきがあるので、リングに留められる前に、自分の目で実際にしっかりと確認し、納得したものを依頼する様にして下さい。
 
 
もしその旨担当者に伝えても、確認作業を断られる様であれば、そのショップでのオーダー依頼は見合わた方がいいかもしれません。
 
 
アレキサンドライトのような、希少で高価な宝石をオーダー依頼する場合には、自分で納得した上での契約するようにして下さい。
 
 
 
 
 

2.忘れられないブルー・パライバを結婚指輪に

 
 
 
トルマリンは10月の誕生石ですが、一般的に
ピンクトルマリンや、グリーントルマリン
結婚指輪の内側に使われています。
 
ただトルマリン属の中に、ブルーグリーンを
強く発色する類稀な宝石があります。
 
これが一度見たら忘れられないと言われる魅
惑の宝石、パライバトルマリンです。
 
 
パライバは、 1989年にブラジルのパライバ州
で最初に発見された新しい宝石で、珍しい鮮やかな青緑色は、オンや電気のような品質で光っているように見えたと言われいます。
 
トルマリンは「電気石」と呼ばれるもので地
球上の鉱物で唯一、自力で電気を帯びている
ことが特徴です
 
分析によると、その結晶が非常に異常な条件
下で形成され、マンガンや銅などの微量元素
が大量に存在し、それがその色を引き起こす
考えられています。

1990年に初めてパライバ紹介された時の
衝撃
は凄まじく、世界中から購入希望が殺到した
のです。
 
その後、ナイジェリアやモザンビークでも発
見されましたが、ブラジル産が最も品質がよ
く、高価で取引されていますが、この鉱山も
近年枯渇が報じられおり、これからもっと価
格が上昇して行くと見られています。
 
 
10月の誕生石であるパライバもまた、類稀な
パワーストーンであり、直観力を強化し未来
へのビジョンを明確に持つことで、夢を形に
する力を持っています
 
その他にも、人を呼び寄せ、対人関係を良
にするといった効果など、恋愛、仕事、金
運などすべてにおいてよい効果を発揮してく
れる石です。
 
 
結婚指輪の内側に入れる最適の宝石です。
 
いかがでしょうか。
 
 

10月の誕生石.トルマリンの中に、ブルーグリーンの輝きを持ったものがあります。

 
初めて採掘された鉱山の場所から、パライバ
と命名されたこの宝石は、非常に人気が高
く、また年々採掘量が減っている事から青い
ダイヤモンドとも呼ばれています。
 
パライバの魅力は、その独特な色にありま
す。
 
これは地中の特殊な環境下で、電磁気を帯び
ることによって出来上がるブルーグリーンの
色合いで、全ての宝石の中でもそのレア性は
群を抜いています。
 
宝石好きの女性であれば一度は着けてみたい
思う婚約指輪になるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 

3.ババラチアを結婚指輪の内側に

バラチアを結婚指輪の内側にパパラチアは、サファイア属の宝石です。サファイアといえば、深いブルーを想像しますが、サファイアは多くの色を出す宝石であり、イエローやオレンジ、また無色のホワイサファイアも存在します。

 
その中にあって、ピンクにオレンジが少し入
った独特な発色を持った宝石が、スリランカ、セイロン島で採掘されました。
 
スリランカに咲く「蓮の花」ババラチアと同
じ色を出していたところから、そう名付けら
れました。
 
ただこの宝石も、流通量が非常に少なく、
製品を扱う宝飾店で見かけることはまずあり
ません。
 
 
ただ、 パパラチアサファイアは、『サフ
イアの王』と言われている奇跡の宝石です。
 
 
結婚指輪の内側に入れる位の小さなサイズで
も、その希少性から高額になりますが、この
宝石のパワーは金額に値するものがありま
す。
 
この宝石はズバリ愛のエネルギーに溢れてい
ると言われています。
 
 
 
パパラチアサファイアは≪幸せな恋愛≫を呼ぶ
守護石として有名です。

愛のエネルギーを高め、良縁を引き寄せる意
味を持つとされ、恋愛運や結婚運アップの効
果は絶大と言われています。

大切な人との関係を、揺るぎないものにする
パラチアはいかがでしょうか。

ピンクのバパラチアで婚約指輪をオーダーメイドする一般的に青い宝石で知られているサファイアは、実は多彩な色が出る事で知られています。

 赤いサファイアを特にルビーと言いますが、
その他にもピンクやオレンジといったカラー
も人気があります。
 
その中で、極稀にピンクとオレンジが混ざ
りあった独特の色合いを持つサファイアが特
定のスリランカの鉱山から採掘されます。
 
同じ色の「 蓮の花 」の名前にちなんで、バパラチアと名付けられたこの宝石は、ピンク系の宝石としては、ピンクダイヤモンドに次いで希少価値が高く、高価とされています。
 
 
もし相手の誕生日が9月で、サファイアやオレンジ色の宝石が好きであれば、サプライズ度満点のエンゲージリングとなることでしょ
う。
 
 
 希少宝石!パパラチアを結婚指輪にオーダー【宝石鑑定士が伝授】
 
 
 
 
 
 

4.オレンジサファイアを結婚指輪に

エメラルドは一般的に緑色の緑柱石と認識さ
れています。
 
ただ稀に赤い色を示すものが採掘されるので
す。
 
それを赤い緑柱石.レッドベリルといいます。
 
エメラルドは5月の誕生石です。
 
5月生まれで赤い宝石が好きな相手に、婚約指輪として贈るのはいかがでしょうか。
 
 
 
ただこのレッドベリルの希少性はかなり高
く、市場でもなかなか見つかりません。
 
また金額も同じ大きさのダイヤモンド以上に
なります。
 
もしレッドベリルで婚約指輪を考えれのであ
れば、信頼できるオーダーメイドの担当者に
しっかりと希望を伝えて、計画的に進める必
要があります。
 
 
金額も含めて、オーダーメイドレベルとして
はかなり高いですが、それだけオリジナル性
の高い婚約指輪となることでしょう。
 
 
 

2.ブラックオパールで結婚指輪をオーダー

 
10月の誕生石であるオパールの中でも、最も
希少価値が高く、高価なものがブラックオパ
ールです。
 
オパールは、虹色に煌めく宝石として有名で
すが、多彩な色を出す現象を「遊色効果」と
いいます。
 
一般的にはブルーやグリーンといった寒色の
遊色効果をもつものが多く、レッドやオレン
ジが出るオパールは希少で、より高価になり
ます。
 
オパールのリングは年配の女性が好むイメー
ジがありますが、特にブラックオパールは、
デザイン次第でオシャレ度の高い婚約指輪に
なります。
  
 
 
 
 
 
この3つ類稀な宝石を、結婚指輪の内側入れるパワーストーンとして使ってみてはいかがでしょうか。
 
 
 
 
筆者 
ヨーアンドマーレ代表
GIA・GG  米国宝石学協会 鑑定士 島田 洋輔
 
 
 
 
 
関連記事
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
 
 
 
超希少!アレキサンドライトで婚約指輪をーその魅力と価格を徹底解説 >
 
 
 
【エメラルド鉱山で一攫千金!】宝石ビジネス衝撃の裏側・5つの話