究極の輝きを放つダイヤモンド タイプ2で婚約指輪をオーダーする

  1.  

 

    タイプ 2のダイヤモンドを知っていますか?

    普通のダイヤの何倍も輝く、驚愕の美しさを
 持つ特別のダイヤモンド、それがタイプ 2 ダ
 イヤモンドです。

 

 

 ダイヤモンドは炭素単体で出来ており、その
 炭素原子中に含まれる不純物によって科学的
 に分類すると、大きく2つタイプに分かれま
 す。
 
 一般的に婚約指輪に使われているダイヤモン
 ドは、主に タイプ1です。
 
 
 全てのダイヤモンドの約95%を占める、この
 タイプ1のダイヤモンドには、主な不純物とし
 て窒素原子が含まれており、その濃度は0.1%
 です。
 
    0.3%までの窒素不純物は、その吸収スペクト
 ルにより青色光を吸収することによって、多
 くのタイプ1のダイヤモンドは、黄色から茶色
 の色合いをしています。
 
 
 
 
 
 

 

 純度100%のタイプ2 ダイヤモンド

 
 ではタイプ2のダイヤモンドとは、
 炭素原子内に窒素不純物を全く含まない、言
 わば純度100パーセントのダイヤです。
 
 それはまた無色透明にて、一般的なタイプ1の
 ダイヤモンドの何倍もの透明度を持っていま
 す。
 
 
 一般的なダイヤモンドのカラー評価は、最上
 ののものを Dカラーとし、E〜H・・に従って
 黄色が増してきます。
 
    ただタイプ2の透明度は通常のDカラー以上
 で、スーパーDまたはCカラー( 正式な鑑定用
    語ではない )と言われています。

 

    また見つかったダイヤの結晶はサイズが大き
 く、不規則な形状になる傾向があります。
 
 
 世界のすべての宝石用ダイヤモンドのわずか
    1%〜2%のタイプ 2ダイヤモンドで最もよく知
 られているものとして、
 
 
 530.2カラットのカリナンダイヤモンド
530.2カラットのカリナンダイヤモンド
 
 
 
 105.60カラットのコイヌールダイヤモンド
105.60カラットのコイヌールダイヤモンド

 

 

 1109カラットの原石  レセディ ラ ロナ

 

 

 などが有名です。

 

 いずれも見つかった時の原石は大きく、不規
 則な形状になる傾向があります。
 
 
 更にタイプ2のダイヤモンドを2種類に分けた
 時、タイプ2a  タイプ2b に分かれます。
 
 
 
 タイプ2aのダイヤモンドで無色透明のもの以
 外では、オーストラリア、アーガイル鉱山の
 ピンクダイヤモンドが有名です。
 
アーガイル鉱山のピンクダイヤモンドの原石
 アーガイル鉱山のピンクダイヤモンド
   
 
 

 また、究極の輝きを放つダイヤモンド タイプ2で婚約指輪をオーダーする
 
 これは炭素原子内にホウ素が含まれることに
 より、赤、オレンジ、黄色の光を吸収し、青
 色のスペクトルが目に入ってくるからです。
 
 ブルーダイヤモンドの原石
 
ブルーダイヤモンドのラウンドブリリアント 
 
 
 
    これらタイプダイヤモンドに共通して言える
 ことは、非常に高額なものが多く、中には億
 単位のものも珍しくありません。
 
 文字通りダイヤモンドの中のダイヤモンド、
 それがタイプ2だと言えます。
 
 近年その希少性と動かし易い利便性から、富
 裕層にとって資産対象、投資対象として注目
 され始めています。
 
 
 
 いかがでしたでしょいか。
 
 もし将来において資産を考える機会があった
 なら、この究極の輝きを放つ、タイプ2ダイヤ
 モンドを思い出してみて下さい。
 
 
 究極のパワーストーンとなるでしょう。
 い。