婚約指輪をオーダーメイドで購入する際の2つの選択肢!

 
 プロポーズと同時にお渡しする婚約指輪は
 マリッジリングともいい、
 女性の人生の中で非常に重要度が高い物で
 あるため、
 プレゼントする男性側にとっては
 慎重に検討しなければなりません。
 
 
 価値観は各々により異なるので
 海外ブランドから選択されたり、
 メンテナンス性を重要視して
 国内のブランドから
 選定する方など様々です。
 
 現代において主流になっていて
 人気が高まっているのが、
 オーダーメイドやセミオーダーといった
 ご自身にあった使い方と考え方に合致している
 マリッジリングにお決めになることです。
 
 
 オーダーメイドと言えば一貫して
 自分好みに設計していく方法という
 考え方がされていますが、
 そうした作り方はフルオーダーと
 呼ばれており、
 その他にもセミオーダーという方式も
 存在しています。
 
 

 各々で特性や工程に差異が存在するので、
 ご自身の希望や要望に合致している
 選択肢を選ぶとより良いマリッジリングが
 仕上げられます。

 

 細部に至るまで全てを自分が理想としている
 様子で作り上げられるフルオーダーが
 有している魅力は、
 じっくりとカウンセリングを行うという事から
 着手する点が挙げられます。

 

 カウンセリングは着用するシーンや
 好みのデザイン、普段着用している
 ファッション や嗜好などを伺い、
 スタッフと共に同じイメージを考えつつ
 コンシェルジュを専門としている
 プロのデザイナーがヒアリング内容を元にして
 デザイン画を描き、お客様において最も 
 理想的なマリッジリングのデザインを
 練り上げます。
 
 

 使用する素材は当然の事ながら、
 用いるダイヤモンドのサイズや配置、
 指の形状に至るまでお客様に応じて
 作成可能であるので、
 世界にたった一つしか存在しないリングを
 作り上げます。

 

 一方、オーダーメイドの中で
 フルオーダーの他に
 細分化されているセミオーダーについては、
 既製品とフルオーダーの間といった立ち位置で
 考えるとイメージしやすいです。
 

 つまり、リングなど基本になる点については
 既に完成形の物を用いて、
 施すデザインを個々で決めていく
 という様子になります。

 

 フルオーダーに比較すると
 お客様が決定できる箇所は少なくなりますが、
 デザインの組み合わせ方は相当量あります。

 簡単ではありますが、
 フルオーダーとセミオーダーの違いについて
 ご理解いただけたでしょうか。

 

 

 結婚指輪・婚約指輪オーダーメイド
ヨー&マーレ Home
 >