オリジナルデザインを施したオーダーメイドの結婚指輪

恋人関係から
夫婦になった時には
証として結婚指輪を交わし、
生涯にわたって左手の薬指に
着用し続ける事になるため、
個々にとって満足できる
お気に入りの一品を
選ぶ事が大切です。

しかも、見た目はもちろん
これからの生涯を
共にしていくからこそ、
着用している時に
心地良いと感じられる物を
選ぶべきです。

そのように着用した時の
心地良さとデザイン性に
満足ができる品を
得るためには、
既製品を買い求めるよりも
オーダーメイドでオリジナルの
一品を作った方が
良い結果が得られます。

自分達の拘りを
全て詰め込む事ができるので
満足できる指輪に
仕上がりますし、
世界に一つしかないからこそ
夫婦の絆も強くする事にも
繋げられます。

ただし、オーダーメイドには
そうした魅力がある事は多くの
方々に理解されているものの、
実際に依頼する方が
多くないのはデザイン面に
懸念材料があったり、
大幅に予算オーバーを
してしまう事を
不安視しているためです。

しかし、オリジナルの
結婚指輪の完成を
目指すにおいては、
計画段階から
プロデザイナーが常に
ヒアリングをしながら
漠然としたデザインを
具現化してくれますし、
製造に着手するまで
何度も話し合いを
重ねる事ができるので
妥協する事無く全てにおいて
満足できる結婚指輪が
手に入れられます。

結婚した2人が
オーダーメイドで指輪を
作る事に決めた場合は
まずデザインから決めていき、
参考にするのは
インターネットで
画像検索をして、
目についた物や雑誌に
掲載されていたものでも構いません。

ポイントになるのは
素敵な印象に感じられたものを
1つではなく、複数個を
候補にして挙げておき
デザイナーに見せられる
ようにする事であり、
複数の候補をデザイナーに
見せてあげられると
夫婦が望んでいるおおよその
雰囲気や方向性を把握する事が
できるようになるので、
共通認識が持ちやすくなります。

大まかな全体像から決めていき
細部の装飾に至るまで
アイディアを詰めていったら
デザインと金額の兼ね合い
について相談する事になりますが、
一生涯使い続ける物である
という特性上できるだけ
金額については
大目に見るようにすべきです。

その理由は少し多めに
予算を組めば理想的な
デザインの結婚指輪が
手に入れられたものの、
金銭面を優先してしまい
妥協したデザインにしてしまうと
常に物足りなさを
感じるようになり、
結果として夫婦関係に
影響する恐れがあるためです。

さらにオーダーメイドの結婚指輪は
その後の妊娠などにより
お直しが必要になる
場合がある事も考慮し、
できればお直しが
難なく行えるデザインにするのも
一つの発想かもしれませんね。