ウィリアム王子はオーダーメイドした結婚指輪を着けていません!

英国の男性は結婚指輪を着けますか?ウィリアム王子は着けません!

 

 一部の男性はジュエリーを身につける
 のは 好きでありません。

 

 英国では結婚指輪をオーダーメイドで
 あつらえるのが一般的です。

 そんな結婚指輪先進国の英国
王室の
 ウィリアム王子は 結婚指輪を
着用ない
 ことを選択しました。
 
 ただ、彼は未だにそれについての
 
コメントは避けています。

 

 逆にそれは今や夫が結婚指輪を
 着用するのは、英国では一般的である
 こと示しています。

 

 結婚指輪を着用しないという
 ウィリアム王子の決定は、
 英国王室では変わった行為では あり
 ません。
 
 チャールズ皇太子は左手の小指の 印章の
 隣に結婚指輪を身に着けています。
 
 しかしエディンバラ公爵は、結婚指輪
 身につけていません。
 
 
 
 花嫁による結婚指輪の着用は、
 古代エジプト時代までさかのぼりす
 
 ただ男女共に結婚指輪をし始めたのは
 1950年以降で、つい最近だと言えます。
 
 
 第二次世界大戦では、 海外で戦っている
 多くの欧米人が 妻や家族を思い出す為に
 結婚指輪を着用しました。
 
 皮肉にもこの戦争が男性に結婚指輪の着用
 を広めたのです。
 
 
 1950年代になりますと、男性の着用は劇的
 に普及していきます。
 
 
 ビクトリア&アルバート博物館の
 金属細工の学芸員は言います。

 「この頃から男性は結婚指輪を着用すること
 が一般的となり、今日では男性が結婚指輪を
 着用したくないと言うと、少し変だと思
 われ初めます。」

 王室の補佐官は、
 ウィリアム王子が結婚指輪を着けない理由
 は、「結婚指輪と宝石類は同じものでは
 ない」と言っていると伝えていますが、
 多くの人が、その説明に違和感を感じて
 しまいます。

 結婚指輪の着用を拒絶する理由として、
 他の動機が良く取り上げられます。

 「それは彼がバーで女の子を拾うことが
 出来るように、そうではありません?」

 「多分既婚者だと知られることが、
 自分のイメージを壊すと勘違いしている
 のでしょう」
 このようなツイッターの投稿があります。


 ただ男性が結婚指輪をつけたがらない理由
 が、潜在的に愛人を持ちたいという欲求に
 よるものなのかはさておき、
 
 心理学者によっては、結婚という誓約書 
 から解き放たれたいという欲求が潜在的に
 男性にはあると言われています。

 
 英国の男性は結婚指輪を着けますか?ウィリアム王子は着けません!

 昨今の男性用結婚指輪の人気の上昇は、
 メンズジュエリーの影響であり、  
 男性のネックチェーンやブレスレットの
 ファッションが60年代に、英国にやって
 来た時がその流行の始まりと言われて
 います。  
 
 
 歴史的に、結婚指輪の着用が花嫁にだけ
 求められてきたもう一つの理由は、
 夫による妻の所有権を表すためだったから
 です
 
 
 したがって、20世紀の女性の権利の進歩
 が、 結婚式で2つの指輪の交換を一般的に
 したと言っても過言ではありません。
 結婚指輪を身に着けている男女は、
 同時に二人の平等な関係を表しています。

 

 結婚指輪の着用しないウィリアム王子の
 スタイルは、男性の間ではそれほどの
 関心がなく、トレンドを引き起こすほど
 ではないと見られています。