結婚指輪をオーダーメイドする際に知るべき3つのこと

 

 

 

オリジナルデザインで結婚指輪をオーダーメイドすることは、最近特に人気が高くなっています。

 
ふたりの個性と世界感を表現したユニークな結婚指輪を手にする事が出来ます。
 
  
オーダーでマリッジリングを製作するプロセスに進む前に、オーダープロセス全体をさらに理解し、楽しむために役立つ4つのことがあります。
 
 
 

 1.予算内で結婚指輪をオーダーできる

予算内で結婚指輪をオーダーできる

 

 

あなたが結婚指輪購入にあたっての予算を決めたなら、その中で最大限の希望をオーダーデザインしていきます。

 
 強引な宝石小売店の販売員からの営業によって、好みでも無い結婚指輪を購入せずに済みます。
 

 自分で考える創造性は無限です。

 

また、結婚指輪に入れる宝石も白いダイヤモンドだけではなく、ふたりの誕生石やカラーダイヤを入れることによって、デザイン性を加えると共に価格も抑える事が可能です。
 
 
 
 

 2.クラフトデザイナーに直接依頼する

結婚指輪をクラフトデザイナーに直接依頼する


 
 宝石小売店の多くの広告には、
「 オーダーメイド可能 」との宣伝をしています。
 
ただその多くは、ベースリングに少し修正を加えただけの部分オーダーで、ダイヤモンドのカラットサイズや、宝石のセッティングなどの変更のみをもって、オーダーメイドと銘打っている場合がほとんどなのです。
 

本当にオーダージュエリーが必要な場合は、経験豊富な クラフトデザイナーが常駐する店に依頼する必要があります。
 
デザインと製作を同時に行うクラフトデザイナーは、あなたが希望する結婚指輪を、予算内に製作する為に必要な金属と宝石、また納期などをその場で伝える事ができます。
 
また、自分の指にあったフィット感を与えるリング設計にも長けているので、より良い意見を求める事ができます。
 
 

 

3.お互いの好みを考える

.結婚指輪をオーダーする際にお互いの好みを考える

 

 
相手と協力して、ペアでつけるものを一緒に作り上げることなど初めての経験でしょう。
 
相手の好きな色や服装、身につけている装飾品などからお互いの好みをデザインにブレンドしていき、二人だけの個性的な結婚指輪を作り上げます。
 
 
出来上がった結婚指輪は、既製品には無い愛着と心地良さが得られると共に、その過程で相手への理解がより深まり、素晴らしい思
い出となることでしょう。
 
 
 いかがでしょうか。
 
 結婚指輪をオーダーメイドで検討しているカップルは、是非参考にして見て下さい。