知れば納得!婚約指輪の由来

 

 婚約指輪の由来を知る為には
 婚約指輪の歴史を遡る必要があります。

 

 昔の婚約指輪は、
 今の様な材質を利用した物ではなく、
 鉄などを丸めて指輪にしていました。
 
 

 元々は約束事を守るシンボルとして
 利用されていましたが、
 時代が進むに連れて鉄から金に
 材質が移り変わるようになり、
 段々と恋人同士で誓いを守る物に
 移り変わる様になったのです。

 

 それから更に時代が進むと、
 金だけではなく、ダイヤモンドを利用した物が
 登場する様になりました。
 

 ダイヤモンドは硬い材質の宝石なので、
 その硬さからお互いの関係に
 傷がつく事のない証として
 利用されるようになったのです。

 

 また日本で流行が始まる前に
 婚約指輪を贈る習慣があったのは
 海外になります。

 

 海外ではダイヤモンドの普及率が
 日本に比べると高くなっており、
 ダイヤモンドの透明な輝き等から
 永遠の愛を誓って贈る物になりました。

 

 様々な由来がある婚約指輪ですが、
 実際に日本で普及が始まったのは
 ごく最近になります。

 

 西暦で表すと1960年頃が始まりと
 言われており、
 その頃から徐々に流行る様になりました。
 
 
 婚約指輪か登場した当初は、
 価格も高価な物になるので、
 一般人が手に入れる事が難しく、
 お金持ちの間で利用される事が多い
 商品でした。
 

 時代とともに徐々に安価な
 ダイヤモンドを利用した物が発売され始めて、
 テレビコマーシャルや芸能人が
 アピールし始めたのをきっかけに
 婚約指輪は爆発的にヒットしたのです。

 ダイヤモンドは見た目にも美しく、
 様々な由来を付けられていますが、
 恋人同士から結婚をする前には
 ずっと一緒にいる事を誓う為の
 結びつきを表すものだと言われています。

 結婚を行う前段階の物になるので、
 高価な物を贈る習慣がなかった日本人に

 受け入れるまで時間はかかりましたが、
 今では一般的な物になっており、
 様々な意味で利用されています。

 ダイヤモンドの白く透明な輝きから
 純真さをアピールする意味で
 贈る方も居られれば、ダイヤモンドの輝きの様に
 永遠に色褪せない気持ちを
 表す為に贈る方も居られるのです。

 由来を辿っていくと、古代のローマ時代や
 エジプト時代まで遡る事ができますが、
 時代の移り変わりがあっても
 意味が変わることはありません。

 恋人同士の必須アイテムとして親しまれている

 物になるので、本当にこの人と結婚をしたいと
 考えた時には必ず贈る様にしましょう。
 
 「由来を伝えて贈る」事で、
 どの様な意味を込めて贈っているのか相手に
 伝える事ができる為、
 きちんと理由を伝えると気持ちも伝わります。