結納でオーダーメイドの婚約指輪が人気な理由

 

 結納とは結婚する男性の方から
 妻となる女性の方に向けて、
 婚約の証となる「結納品」を贈る儀式です。

 贈られた女性もお返しの品を贈るのが
 習わしです。
 

 各贈り物の品は、仲人が両家を訪問して
 届けるのが正式ですが、
 両家を一堂に会した略式をとる形式も
 増えてきています。

 関西式では婚約指輪を結納品のひとつとする
 こともありますし、
 婚約記念品のお披露目の場で用いることが
 定番になっています。
 
 そのため、ここでどのような品を
 用意するかは重要視されるため
 悩む人も多くいます。
 

 相手方の女性や両家の顔を立てる意味合いや、
 お互いの婚約を確かめる意味があるからです。

 そこで、オーダーメイドの婚約指輪が
 お披露目するには相応しいと人気を集める
 ようになっています。
 
 両家の顔合わせとなる場ですので、
 婚約指輪をお披露目するには最適な
 タイミングです。
 
 流れも多様化していますが
 結納品を飾った後に両家の挨拶が始まり、
 お互いに納めてから婚約記念品のお披露目を
 して最後に結びの挨拶でしめるのが
 一般的です。
 
 その後は祝宴や食事会となるため、
 最後の婚約記念品でのお披露目が
 上手く行けば、お祝いの雰囲気を盛り上げた
 まま円滑に進めることができます。
 
 
 婚約指輪はそれだけでも二人の絆を示すもの
 ですが、オーダーメイドとなるとより特別感
 のあるものになります。
 
 

 フルオーダーメイドで作成すれば、
 それは世界に一つだけのものです。

 汎用的なデザインではなく、
 一から拘って作成することができますので
 相手にとっても最高な指輪になります。

 

 既製品であれば指定されたものしか
 選択できませんが、細かいアレンジや
 指の形に合わせることも自由自在です。
 
 
 何よりそれまでの思いが形になるという
 ことは、二人の絆を証明できるものだと
 言えます。
    
 まさに婚約記念品として相応しいと
 言えるのです。
 
 オーダーメイドの婚約指輪は、 
 結納では最適な選択肢だと言えます。
 

 多少の期間がかかりますが、
 オーダーメイドで作っていく過程も、
 二人の大切な思い出となることも
 人気の理由のひとつだと言えます。