結婚指輪をオーダーメイドでつくると何かいい事があるの?

結婚指輪をオーダーメイドでつくると何かいい事があるの?

 

 
 結婚指輪は結婚式の計画の中で、最も重要
 なアイテムです。

 

 結婚指輪は、お互いに誓いを交わした瞬間
 にセンターステージ上がります。
 
 ウエディングケーキは食べられた後、
 無くなってしまいます。
 
 ウエディングドレスは、離れて保管された
 後、二度と着用されることはありません。  

 でも結婚指輪はあなたの薬指に、これから
 ずっと一緒にあります!
 
 したがって自分の選んだ結婚指輪がぴった
 りであるかどうかを確認する必要があり
 ます!
 
 
 

 自分だけの結婚指輪 

自分だけの結婚指輪をオーダーメイドでつくってみましょう

 
 
 どこかで見たことがあるような結婚指輪
 ではなく、少し違うデザインを希望する
 のであれば、既製品ではなく結婚指輪の
 オーダーメイド専門店にいくべきでしょ
 う。
 
 オーダーメイドの結婚指輪は、ふたりの
 為に、個々の希望に合わせて作られます。
 
 存在しないかもしれない理想的な結婚指輪
 を探すのではなく、自分にぴったりの指輪
 をつくることができる腕の良い職人のいる
 宝石店を探してください。
 
 
 あなたがオーダーメイドのスーツを欲しい
 と思っているなら、好みの仕立て屋を見つ
 けて、自分にぴったりのスーツを依頼す
 るでしょう。
 
 オーダーメイドの結婚指輪を依頼するとき
 も同じです。
 
 自分にピッタリの結婚指輪を仕立てる依頼
 をするのです。
 
 
 

 ハンドメイドの結婚指輪

 

 

 結婚指輪がふたりにとって特別であるべ
 きと考えるなら、
ハンドメイドの結婚指輪
 を考えてみませんか?
 
 
 ジュエリーショップのほとんどの結婚指輪
 は、工場で量産されています。  
 
 しかし、ハンドメイドの結婚指輪を選ぶ時
 それは非常に熟練した金細工職人によっ
 て作られた、プレミアムなリングを意味
 します。
 
 
 
 私たちの結婚指輪のほとんどは伝統的な
 金細工の技術を使って作られています。
 
 金細工人はプライヤー、ハンマーおよび
 やすりを含む基本的な手の道具を使って
 金属を望みの形に加工します。
 
 
 

 メンズ結婚指輪

メンズ結婚指輪をオーダーメイドする

 
 
 多くの男性にとって、結婚指輪は初めて
 つけるジュエリーです。
 
 男性の結婚指輪と女性の結婚指輪の違いは
 幅とサイズです。
 
 男性はより幅の広いリングを希望します。
 
 ひと昔前の結婚指輪はプレーンなゴールド
 かプラチナのリングでした。
 
 しかし最近の結婚指輪のデザインは多くの
 選択肢があります。
 
 
 
 

 ダイヤモンドの結婚指輪
ダイヤモンドの結婚指輪

 
 私たちが婚約指輪とのセットリングとして
 ダイヤモンドの結婚指輪のオーダーを受け
 た時、私たちはお客様の婚約指輪のダイヤ
 のカット、色と透明度に合うように結婚
 指輪のダイヤモンドを合わせていきます。
 
 
 ダイヤモンドをリングにセットする方法
 は多彩です。
 
 爪は衣服を引っ掛かかることかあることが
 あるので、爪のある結婚指輪は日常生活に
 は適していせん。
 
 
 もしキラキラの結婚指輪を望むならば、
 ダイヤモンドのパヴェセッティングを
 おすすめします。
 
 ダイヤモンドは互いにひっついて配置さ
 れ、周囲の金属から持ち上がげられた
 金属の小さな玉った小さな粒子よって、
 そそれぞれのダイヤが固定されています。
 
 その金属の玉がダイヤモンドと同じ位
 輝いているので、日本では泡留めとも
 言われていました。
 
 
 職業上婚約指輪を着用することができない
 女性にとっては、ダイヤモンドの結婚指
  は良い選択肢になります。
 
 爪を使わずリングに直接セットされている
 ダイヤモンドが付いた結婚指輪は、滑らか
 に感じ、衣服などに引っかかることはあり
 ません。
 
 
 
 ダイヤモンドのメンズ結婚指輪もますます
 人気が高まっています。
 
 
 
 続きはまた次のブログにて