婚約指輪は何のために?歴史からその意味を考えてみる

 

 結婚を決意したさいには、
 結婚の約束をすると意味の、婚約という儀式を
 行います。
 
 その時、婚約指輪を男性が女性に渡す習慣が
 昔からあります。
 
 ただ、なぜそのような習慣があるのか
 分からず、
 周りがそのようにしているからといった
 理由だけで婚約指輪を渡していることが
 多いようです。
 

 ですが、必ず婚約指輪を渡さなければいけない
 決まりがあるわけではありません。

 場合によっては婚約指輪は無しにして、
 結婚指輪だけを渡す人も少なくありません。

 

 そもそも江戸時代にさかのぼると、
 指輪そのものがなかったわけです。

 では一体いつ頃から婚約指輪を渡すように
 なったのか?
 
 その歴史を見てみると、
 世界的に見たときに古代ローマ時代まで
 さかのぼります。
 
 現代と同じ様に、
 指輪は結婚が決まった時に
 男性から女性に渡すものでした。
 
 
 当時の指輪はプラチナなどを使っておらず
 鉄を改良して円形にしていたわけです。
 
 現在では、左手の薬指に指輪をつける習慣が
 ありますが、
 それは古代ローマ時代から変わっていません。
 
 なぜ左手にしたかといえば、
 左手は心臓に近い位置にあるため、
 薬指が心臓と直接つながっているとの
 迷信があったからです。
 
 
 現在のようにダイヤモンドの指輪が
 あったわけではありませんが、
 さらに時代が進むと、
 いよいよダイヤモンドの指輪が出てきます。
 
 これは15世紀頃の話で、
 日本で言えば室町時代の頃になります。
 
 当時のローマ皇帝の娘は婚約をした時に、
 指輪にダイヤモンドを入れるように
 してたのが始まりと言われています。
 
 ただ、当時ダイヤモンドを手に入れることが
 出来る人はほんのわずかで、
 当時の王室など限られた人達だけでした。
 
 これがきっかけとなり、世間一般に浸透した
 わけではありません。
 
 
 日本ではいつ頃から婚約指輪をつけ始めたの
 でしょうか。
 

 日本の場合は明治時代からそのような文化が
 流行し始めました。

 これはキリスト教式の結婚式を行った時に、
 指輪をはめる習慣が出てきたわけです。
 
 
 もともとキリスト教が西洋から伝わり、
 それと共にっ指輪をつける文化も
 同時に伝わったといえます。
 
 庶民に浸透してきたのは、
 大正時代から昭和初期ぐらいですが、
 それでもまだ当時の日本の情勢を考えると、
 指輪を購入出来る余裕がある人は
 限られていました。
 
 昭和20年に戦争が終わり、
 その後日本は高度経済成長を遂げていきます。

 その段階で、ようやく庶民が指輪を購入
 できるほどの収入になったといえます。
 
 

 つまり日本における今の指輪の習慣は、
 高度経済成長期からの歴史といえるでしょう。

 

 

 

 結婚指輪・婚約指輪オーダーメイド
ヨー&マーレ Home
 >