必見!結婚指輪のオーダーメイドで着け心地を良くする為の4つの裏技

 

結婚指輪の着け心地を良くするリング内側 1

 

  快適に指にフィットする結婚指輪は、
 指輪の内側をわずかにドーム型にするために、
 余分な金属を使用して作られており、
 非常に快適なフィット感が得られます。

 
 快適フィットの結婚指輪は、男性には特に
 お勧めです。

 それは、リングを付けたり外したりするときに
 太い関節を通って指輪を抜き差しする際に、
 引っ掛かりを最小限にして、通りが良くなる
 からです。
 
 
 
 
 
 
結婚指輪の着け心地を良くするリング内側 2
 
 
 
 標準的なフィット感を得られる結婚指輪は、
 リングの内側の形状が平らで、 
 まっすぐになっていて、
 ドーム状の形状にはなっていません。
 
 

 

 

結婚指輪の着け心地を良くするリング内側 3

 

 
 この図は、快適なフィット感を特徴とする
 ヘビードーム型の結婚指輪の断面図です。

 このリングの内側の快適なフィット感は、
 上の写真に示されているリングと同じですが、
 このリングの外側もドーム状に高くなって
 います。

 これは、 リングの内側だけがドーム状に
 なっているのと、外側も内側もドーム状に
 なっている結婚指輪の違いを表しています。

 

 

 

 

結婚指輪の着け心地を良くするリング内側 4

 

 こちらはリング表面がフラットで、
 内側だけがドーム状になった
 快適なフィット感を示すフラットスタイルの
 結婚指輪です。

 

 

 

 結婚指輪の多くは、リング内側をドーム状に
 した快適にフィットするスタイルにて、
 ご用意しています。

 つまり、結婚指輪の内側がわずかにドーム型
 になっているため、非常に快適なフィット感
 が得られます。
 
 それは結婚指輪を着脱するときに、
 大きな関節の上の滑りを良くして、
 快適に着用できるようにする為です。

 快適フィットは、特に男性にお勧めです。
 
 プラチナや金などの貴金属で作られた
 着け心地のよいリングは、
 快適ではない結婚指輪よりも少し高価です。
 
 これは、リングの内側をドーム型にする
 のに必要な余分な貴金属のためです。
 
 タングステンやチタンのような代替金属の
 結婚指輪は、追加料金なしで自動的に快適に
 フィットするスタイリングが付属しています。

 

 幅が5mm以上の場合は、快適にフィット
 するスタイルを強くお勧めします。

 4mm以下の幅では、快適フィットの利点は
 それほど顕著ではありませんが、
 指輪は標準の結婚指輪よりもさらに快適で
 あるため、
 予算に余裕があればすべての幅に対して
 快適フィットをお勧めします