結婚指輪の意味と由来について、その歴史から考えてみる

 
 結婚の誓いとして用意する結婚指輪は
 いつから始まったのかと、
 気になる人もいることでしょう。

 そもそも指輪のルーツははるか昔の
    古代エジプトまでさかのぼります。

 古代エジプトや古代ギリシャでは、
 すでに指輪の存在が認められています。

 当時、指輪には神秘的な力が宿ると信じられ、
 その為魔よけや権威の象徴などとしても使われ、
 印章や鍵、指ぬきなどの実用的な役割も
 果たしていました。

 また武器として身につけるものとして
 使われていたことも確認されています。

 婚約の際に指輪を贈る習慣については
 古代ローマ時代までさかのぼると
 言われていますが、
 結婚の際に指輪を交換する慣習は
 もっと時代がたってから9世紀のローマ時代頃と
 言われています。

 

 婚約の際に男性から女性へと婚約指輪を
 贈る習慣については、古代ローマ時は
 すでに存在していたといわれています。

 

 ただ、結婚の際に男性と女性がお互いに
 指輪を贈り合うという習慣は、
 この頃にはまだ行われていませんでした。
 
 

 結婚指輪の由来としては
 ローマ教皇ニコラウス一世が、
 指輪が結婚の証拠になると認めたことによると
 言われています。

 

 実際に1027年に行われた結婚式では、
 花婿が花嫁に金の指輪を贈り、
 花嫁は花婿に金の指輪を交換したという記録が
 残されています。

 

 その後、結婚指輪を交換する儀式が普及し、
 13世紀のヨーロッパでは一般的なものに

 なりました。

 日本ではいつごろから結婚の際に指輪が
 扱われるようになったかというと、
 まず指輪が装飾品として普及し始めたのは
 明治時代のことです。

 キリスト教式の結婚式では、
 指輪の交換が行われるようになり、
 明治時代の終わりごろになると、
 結婚指輪を宣伝する広告の記事も見られるので、
 このころには世に浸透してきたことが
 わかるでしょう。

 

 その後大正時代になると、この儀式は定着
 していきました。

 しかし婚約指輪に関して定着したのは
 昭和30年代半ば頃といわれています。

 

 それまではダイヤモンドの輸入に制限が
 ありましたが、輸入制限がなくなったことにより、

 少しずつダイヤモンドをあしらった指輪が
 一般化されるようになってきました。

 昭和40年代になると、

 ダイヤモンドを供給する会社によって
 キャンペーンなども行われ、
 これが大きな普及につながったといえます。
 

 現在では結婚するほとんどの夫婦が
 結婚指輪を購入しているといわれています。

 デザインも豊富になり、自分たちで自由に
 好きなものを選べるようになった時代です。

 これから先ずっと身につけていくものなので、
 いつまでも大切にできるものを
 選びたいものです。

 

 

 結婚指輪・婚約指輪オーダーメイド
ヨー&マーレ Home
 >