結婚指輪のオーダーメイドを成功させる為にサイズを正確に測る方法





 注意してください
 宝石商がリングサイズを決める方法は
 一貫していません!

 多くのカップルが地元の宝石商を訪問して、
 薬指のサイズを測ってもらい、
 結婚指輪のサイズを決定します。

 多くの場合、そのサイズは合っていない
 ことがあります。


 これはサイズを測った店員のミスでは
 ありません。

 結婚指輪のサイズを決定するとき、
 宝飾店によってその測り方がまちまちで、
 違う方法を使用することに注意してください。

 多くの宝飾店では、
 一般的に女性用のサイズリングの幅が狭く、
 男性用は幅が広い金属製のサイズリングの
 セットを使用しています。

 これらのサイズリングの大部分は、
 快適フィットリングのように内側が
 丸くなっていないため、
 実際の快適フィットリングのフィット感と
 感触はサイザーの感触とは異なります。

 幅の広いリングは幅の狭いリングよりも
 指への密着度が大きいのです。

 つまり選択した結婚指輪の幅と、
 リングのフィット感やフィーリングは
 繋がっています。



 リングの大きさを決めるとき、
 マンドレルのイメージに示すように、
 大きい方のリングのサイズを10、
 小さい方のリングのサイズを6にします。

 そうした場合、ほとんどの宝石商は、
 サイズの決定にリングの下端または
 前端を使います。

 他の人はリングの真ん中を使います。
 
 同じメーカーのものであっても、
 リングマンドレルの間にはわずかな違いも
 あります。

 

 ヨーアンドマーレでは、
 すべてのマンドレルが一致するように
 大きな努力をしてきました。

 私達はまたお客様が正しいリングサイズ
 を決定出来ますように、サイズリングが
 一貫して合うように努力しています。