婚約指輪におけるフルオーダーとセミオーダーの違い

 
 恋人関係から夫婦関係になる証として
 取り分け特別な意味合いを持つ婚約指輪は、
 結婚指輪のように常時装着し続けるものでは
 ありません。
 
 
 ただ、愛の証として一生の思い出になる
 重要な品です。
 
 そうした大切な婚約指輪だからこそ、
 大量生産された既製品の中から
 選ぶのではなく、
 愛するパートナーのために唯一無二の一品を
 贈りたいと考えている男性が大勢います。
 
 他にはない2人だけの特別な婚約指輪を
 手に入れたい時はオーダーメイドを
 おすすめします
 
 
 オーダメイドの中にはフルオーダーと
 セミオーダーの2つの選択肢があるため、
 心から納得できる婚約指輪をプレゼントすべく
 それぞれの違いに関して理解しておく必要が
 あります。
 
 
 フルオーダーは、オーダメイド受け付けて
 いる業者に直接足を運び、
 担当のコンシェルジュやデザイナーと
 話し合いながら、
 何も無い状態から完成形を目指していく
 そういう方式です。
 
 
 現在では、フルオーダーを受け付けている
 業者の多くがデザイン画の数に限りを
 設けずに手がけてくれます。
 
 またデザイン画の数が多くなっても、
 その都度料金が請求される事はなく無料です。
 
 しかも実際に制作に着手し始める前段階で、
 簡易的な素材を用いてサンプルの作成を
 行ってくれる事もあり、
 完成した時の仕上がりが分かります。
 
 完成後にイメージと異なるという恐れが
 払拭できるので、
 サンプルの提示を一つの選考基準にして
 業者選びをしてみるのも良い方法ですね。
 
 

 一方のセミオーダーは既に用意されている
 デザインに対して希望に添ったデザインや、
 アレンジメントを加えていき、
 最終的に唯一無二のオリジナルの婚約指輪に
 仕上げるという方式です。

 

 既に用意されているデザインをベースに、
 製作していくと知った際に、
 既製品と変わらないのではと思う方もいます。


 ただ素材から変更する事ができるので、
 既製品とは全く異なります。
 
 
 元来は素材にプラチナが使われることが
 多いのですが、
 要望に添ってゴールドにすると、
 当初の印象が変わってきます。
 
 また、つや消しやストーンの変更など
 次々とオリジナルの変更点を加えていくと
 すっかり自分だけの指輪になります。
 
 
 しかし、一生に一度の大切な買い物です。
 どうせなら、イチから全てを考えて作り出す
 フルオーダーの婚約指輪をオススメしたい
 ところです。
 
 いかがでしょうか