オーダーメイドで結婚指輪をデザインする時に気をつけることとは!

 

 オーダーメイドで結婚指輪を作る時に気を
 つけなければならないことが沢山あります。
 
 そのなかでも大事なのはデザインです。

 オーダーの種類によって一から作るのか
 デザインや素材を決めるだけにするのか
 といった違いはありますが、
 どちらにせよ自分のなかでイメージを
 作っておくと良いです。
 

 セミオーダーでパーツから選ぶ場合であっても
 組み合わせによっては千以上のデザインが
 考えられますので、完成図が頭の中にないと
 実際に出来上がった時とイメージが
 違っていたといったことがあります。

 元々理想とする形があれば尚良いですが、
 そうでない方が多いと思いますので
 イメージを作るところから始めましょう。
 

 例えば、結婚情報誌や広告などから
 結婚指輪の完成図を参考にして、
 おおまかなデザインを決めていき複数用意
 しておきます。

 セミオーダーの場合の大きな注意点としまし
 ては、パーツが決まっており、素材も含めて
 組み合わせによって決まりますから
 世界で一つしかないものを作るのは困難です。


 いくら組み合わせが数千種類あったとしても
 絶対に世界で一つの結婚指輪にしたいという 
 方は フルオーダーがオススメです。

 フルオーダーの場合はセミオーダーと異なって
 パーツ等はなく、ご自身で決める楽しみが
 あります。
 
 ハッキリと結婚指輪のイメージを持たれて
 いないと完成させることが難しいので、
 具体的に細かい部分までデザインを決めておく
 必要があります。
 

 自分が気にいったものであっても、
 使用する素材や作業工程によっては価格に
 影響を及ぼすこともあります。

 自由に決められるからこそ迷うことに
 なりますので、ゆっくり相談しながら
 進めるためにも、期間に余裕を持って
 ご来店ください。


 フルオーダーは、職人の手で一から作りあげる
 ものですので、コミュニケーションも含めて 
 信頼できる店舗を探すことが一番難しいかも
 しれません。

 ご相談だけでもサンプル作成だけでも
 大歓迎です、
 お気軽にお越しください。